2012年04月09日

桜花賞の感想2012

タテ目。
馬券対象に選んだ5頭のうち4頭が1着から4着まで取ったわけだから考え方は悪くないと思うのですが、肝心の軸馬が飛んでしまいました。

ジョワドヴィーヴルのレース運びは悪くなかったと思います。
でも阪神JFのようには伸びなかった。

福永騎手もあの位置からでも差せると思って、あーいう乗り方をしたんだと思うし、私もあの位置から差せる能力を持っていると思って本命にしました。
阪神JFでは他馬より上がり0.8秒も速い脚を使った実績があったので。

でも、今回は上がり最速は使えなかった。
と言うことは、2歳時点の仕上がりの早さの差だったのかも知れませんね。
ジョワドヴィーヴルが成長していないというよりも、他馬がもっと成長したのでしょう。

昨日の結果を見てオークスはヴィルシーナに魅力を感じましたね。
他の上位馬はマイラーくさい血統だし。
大魔神・佐々木オーナーがオークス取っちゃうかも!
タグ:桜花賞
posted by イガラシ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263343744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
The Time 競馬ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。