2012年04月16日

皐月賞の感想

当たりましたわーい(嬉しい顔)
ワールドエール落馬しなくて良かった。

勝ったのはゴールドシップでしたが内田騎手の好騎乗でしたね。
みんな外に行くところを「内開けていただいてスイマセン」みたいな、ロスのない競馬。
かと言って、完全に内ではなくギリギリのいい所を走ってくる。
ネオユニヴァースのダービーを思い出しました。

一方ワールドエールは「負けて強し」。
3コーナーではゴールドシップとほぼ同じ位置にいて、そこから大きく膨らんで末脚炸裂。
先頭までは届きませんでしたが、パフォーマンスは一番でしたね。
ゴールドシップとは、10mくらいは余計に走っているのではないでしょうか。

あの競馬を見ると直線の伸びる東京ならワールドエールに魅力を感じますね。
願わくば、次は良馬場で見てみたい。
posted by イガラシ at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴールドシップは上手に乗りましたよねぇ。
エールじゃなくてエースですね。
Posted by samsik at 2012年05月06日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
The Time 競馬ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。