2012年05月28日

ダービー感想

本命ヒストリカルはビリ。恥ずかしい。

ちょっといいわけを。

直前の8R、9Rを見た時点で、「また前残りだな」と思いましたね。
「差し、追込み勢は厳しいな。」と。
土曜日は芝のレースが少なく、その判断が難しかった。

この時点で、本命を変えられるならディープブリランテにしたかった。
個人的な馬券はディープブリランテからの馬券を足しましたが。

結果は案の定でした。
ヒストリカルも。どうして私が馬券を買うとアンカツさんはあんな乗り方をするのか?


岩田騎手がレース後のインタビューで「同世代で一番強いということを証明したかった。」みたいな事を言ってましたが、同世代で一番強いとは全然思いませんね。
むしろ、追い込みが届かなかったワールドエースの方が能力的には強いと思う。
今回は、馬場・展開が向いただけでしょう。

それにしても、NHKマイルから始まった東京のG1レース、オークスのジェンティルドンナ以外は、先行抜け出しで粘った馬が勝っている。
仮柵の移動はあるが、先行馬有利の馬場コンディションはずっと続いていますね。
となると、来週の安田記念の先行勢から選ばなければなりませんね。たぶん。

ラベル:日本ダービー
posted by イガラシ at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | レース予想(〜2011) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒストリカルは最初は私も期待していましたが、馬体重を見た時点で無印にしました。調教後の馬体重からマイナス20キロはどう見ても調整が失敗したと考えざるを得ないでしょう。アンカツさんが何を考えてああ乗ったのかは分かりませんが、どう乗っても馬券にはならなかったと思います。
Posted by ちびてつ at 2012年05月28日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
The Time 競馬ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。