2012年07月09日

シーズン終了

シーズン最終戦も飾れず。残念。
夏競馬は難しいですからね。

競馬予想TVの方は今シーズンは良かったですね。

また来シーズン、心新たにチャレンジします。
posted by イガラシ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

マジンプロスパー

マジンプロスパー強かったですね。
スプリンターズSも、馬場次第ですが有力ではないでしょうか。

「大魔神」佐々木オーナーも喜んでましたね。
でもG1獲りたいでしょう。
posted by イガラシ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

宝塚記念 感想

オルフェーヴルの復活V。
普通に考えたら3冠馬ですから、一番勝って不思議がない馬。
前走11着をどう判断するかが難しいところでしたが、恐らく馬体自体はずっと変わらず良かったのではないでしょうか。
池江調教師は70%と言ってましたが。

それよりも、精神的な問題でしょうね。
やっぱり3000m以上のレースになると、気性面で折り合いが難しいのでしょう。
気分良く行かせてしまうと阪神大賞典のようになるし、天皇賞(春)では抑え過ぎて気分を損ねてしまったのではないでしょうか。

2000m〜2400mくらいの中距離がベストなんでしょう。
そう考えれば一番納得できる。

で、本命にしたトゥザグローリーは3コーナー辺りから全く手ごたえなし。
やっぱり夏負けなんでしょうか?
池江調教師はオルフェーヴルより出来という点ではトゥザグローリーの方に良い評価をしていたように感じましたが。

馬の気持ちは女心より難しいたらーっ(汗)
タグ:宝塚記念
posted by イガラシ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

反省

今シーズンも来週の宝塚記念で最後か。
しかし、今シーズンは当たらなかったな〜

馬場の読みと、それにマッチする馬の選択がズレてた。
来シーズンは修正したいですね。
来シーズンは100%超えに戻したい。
posted by イガラシ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

エプソムカップの感想

前に行った馬が残るという展開予想は当たっていましたね。
でも、その前に行く馬の選択が間違っていた。

トーセンレーヴの位置を、ダイワファルコンが走ってくれると思って予想したのですが。
想像していた位置どりが、この2頭で逆でした。

馬場がだんだんと乾いていく微妙なコンディションでしたが、各ジョッキーの乗り方を見ると、内が悪かったんでしょうね。
みんな外に出していましたから。

でも人気薄のマイネルスターリーは1頭だけ内の経済コースを選んで、粘って3着。
皐月賞のゴールドシップと同じで、ワープゾーンみたいなものですね。

馬場が微妙に悪くなると、馬の能力やコンディションよりジョッキーの判断が結果を左右しますね。

posted by イガラシ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

安田記念の感想

さすがに開催が進んで差しも決まる馬場に変わってきてましたね。
でも、大外が伸びるという感じではなく、内から真ん中辺りが伸びる感じでした。
そこを勢いよく差してきたのが、1・2着の2頭。
脚色が違いました。

私の本命コスモセンサーも頑張って3着。
人気からすればアッパレ!ですね。

差しが決まる馬場にはなってきていたが、外は伸びないので結果的に来たのはほぼ内半分の馬でしたね。
全着順を見ると綺麗に半分に分かれています。
リアルインパクトだけが6着で、他は1ケタ枠順の馬が上、下半分は2ケタ枠順の馬。

アパパネは引退の方がいいのでは?
posted by イガラシ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

オークス感想

ジェンティルドンナが5馬身差の圧勝。
あんなに強いとは思いませんでした。
姉ドナウブルーのイメージで考えていたので、マイラーとしか考えていませんでした。
将来的にはやっぱりマイラーだと思うのですが、そういう馬が来れるレースだったのか?

ヴィルシーナは、「よく2着まで粘ったな」という印象ですね。
3コーナーの辺りから騎手の手綱が動いていたし、ステッキも4コーナーで一番早いくらいに入れられていました。
4コーナーの感じでは「こりゃ。ダメだ」と思いましたが、粘りましたね。
キレというより、勝負強さ、粘りがある馬ですね。

ミッドサマーフェアは惨敗。
スムーズに位置もとれていたし、いいわけできない負けですね。
見直しが必要か。
タグ:オークス
posted by イガラシ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ヴィクトリアマイル感想

ヴィクトリアマイルはホエールキャプチャの勝利。
横山典騎手の好騎乗ですね。
馬場と展開の読みがぴったりはまった感じでしょう。
だから、レース後あのテンションで喜べたんでしょうね。

アパパネは馬群で苦労してましたが、ラスト200で進路が空いても伸びませんでしたね。
メンタルの問題でしょうね。

NHKマイル、ヴィクトリアマイルと2週続けて前残りの展開。
来週はオークスですが、そろそろ馬場も変わってくる時期だと思いますが。
posted by イガラシ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

NHKマイルカップの感想

カレンブラックヒルはやっぱり展開が向きましたね。
秋山騎手の思い切った逃げは好判断だったと思います。

迷った挙句本命にしたマウントシャスタは失格。
どうでしょう。スンナリ競馬できても2着あったかどうかくらいではないでしょうか。

それにしても、昨日のフジテレビの中継は酷かったですね。
カレンブラックヒルだけを撮ったカメラばかりリプレイして、全体映像をなかなかリプレイしない。
NHKの中継の方がましでしたね。
フジテレビ中継に「渇」
posted by イガラシ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

オルフェーヴル8枠18番

オルフェーヴル大外枠を引いたか。
また前に壁を作るのに苦労する可能性がありますね。
posted by イガラシ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

ミッドサマーフェア

フローラステークスを勝ったミッドサマーフェアは強いですね。
オークスでも頑張れそうです。人気にもなるでしょうが。

私の本命セコンドピアットもミッドサマーフェアと同じ上がりで最後方から5着まで追い込んできました。
今回は枠とスタートが響いた印象ですが、やっぱり東京コースは合いますね。
次、東京で走る時は要チェックです。
posted by イガラシ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

皐月賞の感想

当たりましたわーい(嬉しい顔)
ワールドエール落馬しなくて良かった。

勝ったのはゴールドシップでしたが内田騎手の好騎乗でしたね。
みんな外に行くところを「内開けていただいてスイマセン」みたいな、ロスのない競馬。
かと言って、完全に内ではなくギリギリのいい所を走ってくる。
ネオユニヴァースのダービーを思い出しました。

一方ワールドエールは「負けて強し」。
3コーナーではゴールドシップとほぼ同じ位置にいて、そこから大きく膨らんで末脚炸裂。
先頭までは届きませんでしたが、パフォーマンスは一番でしたね。
ゴールドシップとは、10mくらいは余計に走っているのではないでしょうか。

あの競馬を見ると直線の伸びる東京ならワールドエールに魅力を感じますね。
願わくば、次は良馬場で見てみたい。
posted by イガラシ at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

桜花賞の感想2012

タテ目。
馬券対象に選んだ5頭のうち4頭が1着から4着まで取ったわけだから考え方は悪くないと思うのですが、肝心の軸馬が飛んでしまいました。

ジョワドヴィーヴルのレース運びは悪くなかったと思います。
でも阪神JFのようには伸びなかった。

福永騎手もあの位置からでも差せると思って、あーいう乗り方をしたんだと思うし、私もあの位置から差せる能力を持っていると思って本命にしました。
阪神JFでは他馬より上がり0.8秒も速い脚を使った実績があったので。

でも、今回は上がり最速は使えなかった。
と言うことは、2歳時点の仕上がりの早さの差だったのかも知れませんね。
ジョワドヴィーヴルが成長していないというよりも、他馬がもっと成長したのでしょう。

昨日の結果を見てオークスはヴィルシーナに魅力を感じましたね。
他の上位馬はマイラーくさい血統だし。
大魔神・佐々木オーナーがオークス取っちゃうかも!
タグ:桜花賞
posted by イガラシ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

オルフェーヴル暴走

トリンドルちゃんも引いてしまう、オルフェーヴルの暴走。
レース後、池添騎手は謝っていたみたいですが、謝るしかないでしょうね。

でも、あんなハチャメチャなレースであわやの2着まで来たのが、並みの馬ではないですね。

3コーナーの出来事は、てっきり故障かと思って「アッ!」と思いましたが、池添騎手のコメントだとそうじゃなくで直進しようとしてたみたですね。
レース内容はメチャクチャでしたが、無事だったことの方が安心できて良かった。

ディープインパクトも菊花賞の時、最初のコーナーで暴走しそうになりましたが武豊騎手が抑えて2周させました。
それが出来なかった池添騎手の、現時点の武豊騎手との差でしょうか。
posted by イガラシ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

3歳馬の勢力図

3歳馬のクラッシックレースに通じる、最も重要なトライアルレース、牝馬のチューリップ賞、牡馬の弥生賞が終わりましたが、どちらも人気馬が期待を裏切り勢力図が見えない状態ですね。
ただ、この土日の馬場は重く、ペースも特殊だったのでイマイチ参考にならないような気がします。

桜花賞、皐月賞時点の馬場がどうなっているか、そして天気も大きく左右しそうです。
分かったのは、抜けた存在はいなく、条件次第で勝ち馬がコロコロ変わるような力関係ってことでしょうね。
だから、今年は去年のような3冠馬は登場しないでしょう。

posted by イガラシ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

中山記念感想

トゥザグローリーは惨敗でしたね。
直前までのレースを見ていて「前が残りそうな馬場だな?」と思って、直前でシルポートの馬券を厚めに買ったまでは良かったのですが、肝心のトゥザグローリーは見せ場なし。

恐らく私が思うに距離慣れの問題ではないでしょうか。
血統的には問題ない距離でも、ここのところ長めの距離ばかり使われているので、そのペースに慣れちゃったのではないでしょうか。

ペースが合わなかったのは距離が合わなかったからに共通する部分があるように感じます。

タグ:中山記念
posted by イガラシ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

フェブラリーステークスの感想

トランセンド馬群に沈んでしまいましたね。
先行勢はトランセンドが掃除してくれると見たのですが、自らも掃除されてしまったという感じ。

来たのは後ろからの馬ばかりでしたから、先行勢には厳しい展開だったんでしょうね。
でも、トランセンドなら3着までには粘るかな?と思っていましたが。

シルクフォーチュンがイメージ通りに来てくれただけに、馬券は悔しかったですね。

posted by イガラシ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

京都記念の感想

共同通信杯よりは京都記念の方が馬券を絞りやすいと思ったのですが、武豊の好騎乗にやられました。
武豊騎手は完全に「してやったり!」でしょうね。

今後に向けてはあまり参考になるレースではありませんでしたが、久しぶりに武豊騎手の勝利ジョッキーインタビューを見れて良かったです。
今年はがんばって欲しい。

posted by イガラシ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

きさらぎ賞の感想

ディープインパクト産駒の1,2,3でしたね。
特に1着のワールドエースと2着のヒストリカルは春期待できそうですね。

なんとなくワールドエースは距離が伸びても良さそう。だからクラッシックでも期待できそう。
3頭の中で父ディープインパクトに最も似ているのは、この馬でしょう。

ヒストリカルは、キビキビした走りでどことなく兄カンパニーに似ている印象。あの走りなら道悪でも苦にしなそう。
こちらはマイルから2000mが良さそうに感じます。

タグ:きさらぎ賞
posted by イガラシ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

根岸ステークスの感想

シルクフォーチュンは直線だけの競馬で快勝。
直線の長い東京のダートは合っているとは思っていましたが、綺麗にハマりましたね。
軽くブロードアピールを思い出しました。

距離は伸びますが、同じ東京のフェブラリーSが楽しみになりましたね。
トランセンド、タップダンスシチー相手に、同じような競馬ができるのか?

後は、調子落ちがないように厩舎の腕の見せ所でしょう。

posted by イガラシ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Time 競馬ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。